ポーランド日記

ワルシャワに来ました。

自己紹介

なにはともあれ、自己紹介を。

 

どこにでもいる日本の日本語教師で、28歳。

この3月まで東京の日本語学校で働いていた。

その前は、2年間ベトナムで日本語を教えていて、

2年前の4月に日本へ帰ってきた。

 

 

私は、大学時代にすこしの間、いわゆる就職活動をしていたけど、なんだか途中で「こりゃ違うな、」と思ってやめてしまった。

会社の中でそれなりに仕事をこなす自分は想像できたけど、氷河期の就活戦線を乗り切る自分は全く想像できなかったのでしょうがない。

おとなしく専門学校の日本語教師養成講座に申し込んで、日本語教師になった。

海外で働くほうが気楽だと思ったのだ。

全然社交的な性格でもないし、学生時代の専攻も日本文化、日本文学だったけど、

なんとなく海外に出るのが好きで、能天気なので臆せず出かけては、阿呆で不注意なためにいろいろな失敗をした…にもかかわらず、懲りずに度々外に出る。もう性癖みたいなものだ。

 

今回、ワーキングホリデービザを取得した理由は、

このビザ、年齢制限があって、私は現在28歳、今年で29歳になる。

国によって異なるけど大体が「30歳の誕生日を迎えるまでの申請」が規定となっている、ので。

 

なぜポーランドか、というと、日本語学校や日本語学習者が他の欧州諸国より多いようだったからちゃんと数や現状を調査したわけではないけど、情報弱者の私がネットで調べた限りによる。まぁポーランド行ったことないけど。

 

といういい加減なスタンスから始まる。

 

学生時代にチェコとオーストリアに旅行して、東欧の、西欧とはちがう素朴でぼんやりとした雰囲気に惹かれたのもある。それに物価も安い。

 

「ワーキングホリデービザ」はその名の通り、働いてもいいし(規定あり)、遊んでもいいし、勉強してもいいし、なんなら、何にもしないでそこにいるだけでもいい、なんでもビザ。

英語圏のワーホリ人気国なら、日本人も多く情報も得やすいしアルバイトも見つけやすいらしい

 私は今回、オンラインで日本語を教える仕事をしながらポーランドに滞在する予定で、

チャンスがあれば、現地の日本語学校、学習者にも教えてみたい。

 

ぼんやりとワーホリへ行こうと考え出したのは去年の9月ぐらい。

オーストラリアかカナダかドイツか、オーストリアか悩んで、けっきょく

ポーランドに決めたのが…去年の12月。え?遅すぎる?笑

 

 

いい加減さに定評のあるわたくしが、今後もいい加減な記事を落としていきます。

 

以上、自己紹介でした。