読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポーランド日記

ワルシャワに来ました。

イースター

仕事をして、本や漫画を読んで、食べて飲んで寝て、ふとワルシャワにいることを忘れてしまう事がある。そういえば私はワルシャワに来たんだった。もう通勤の満員電車に乗るのは嫌だと、新しい所に行ってみたいと思って外に出るけれど、ふと、私はなんでここに来たんだっけ?と分からなくなることがある。日本語を教えることは面白い。興味深い。だから友人や家族から離れて外国へ来るのだろうか。

好奇心は、いつまで私を生かしてくれるのだろう。冷たい冷たい雨が降る。こんなに寒いのに、雨が降る。

今日はイースターで、ほとんどの店や会社や学校が休みで、バーガーキングも休みだったのに近くのケバブ屋は開いていたのでそこで昼ごはんを食べる。それからトラムが空いていることに気がついて、せっかくシティカード(エリア定期券みたいなもの)を購入したので試しに乗ってみる。トラムがどこからどこまで走っているのか、環状線なのかどうかもわからずとりあえずきた車両に乗る。雨は降ったり止んだりしているが、気がつくと雹になっていた。

仕事をまだしなければならないけど、いつも混んでいるトラムがガラガラなので思わず飛び乗ってしまった。トラムに乗っていると、知らないおじさんに話しかけられた。その辺に転がっている荷物の持ち主か尋ねられたようだったので、Nie(いいえ)、と言ったら一気にポーランド語で話しかけられる。すまんわかりません、と言うと片言の英語に切り替えてくれる。指輪をしていないのはなぜだと聞かれ頭の上にはてなが浮かぶ。しきりに旦那はいないのか恋人はいないのか聞いてくる。どうやらビューティフルなどと言ってくれているようだが、そんなことを言われる謂れはない。ポーランド人女性こそ美しく、普段から自分の容姿に自信はないが、さらにアジア人コンプレックスに近いものすら感じていたので、おじさんがバスを降りてからふと、あのおじさんは私がアジア人だからからかっていたのではないかと邪推してしまう。いくら親日の国であっても、欧州では日本人だろうが中国人だろうがベトナム人だろうが、アジアという括りで侮蔑する人は一定数いる。アジア人である自分に投げかけられる好奇の視線は、駅や人ごみの中で時々感じるけれど足早に歩いていくうちに煙のように消えている。変なおじさんだったけど、親切で、しっかり目を見て話してくれた。なのに、あのおじさんは私がへらへらしているのを、嘲笑っていたのではないかという考えがよぎってしまったのは、私もまた偏見に飲み込まれているのだなぁと反省した。むやみに心を開いては後でへこむけど、こういう偏見をもつ自分を目の当たりにするものまた、へこむ。とりあえず、美しい!もっと若かったら恋人になりたいよ!なんていう軽口を、そのまま受け取って、嘘でも喜んでおこう。

Biblioteka Universytecka w Warszawie

勢いあまってブログを始めたけど、ぜんぜん書く気が起きない。そもそも私はブログや日記なんかを続けたためしがない。面白い文章を読むのは好きだ。でも自分の文章にはあまり興味が持てない。自分でも興味が持てないようなものを人様が興味が持てるとも思えない。そうだ私ってロム専だったと今更思い当たったけど、生活も変わるしと、続かないのがわかりきっているのに始めてしまったのだった。こういう目的のないブログが一番意味不明なのもわかっているけど、惰性で続けてみようと思う。

先日、ワルシャワ大学図書館に行ってみた。警備員のおじさんに観光客(みたいなもの)だと言ったら門前払いされたけど、しばらく住むのに外国人だからといって入れないわけがないといきり立って、何とかIDカードを作って入館にこぎつけた。2人いた受付の女の人のうち、一人は全く英語を受け付けてくれず、一人は何とか大丈夫、登録係の男性は英語OKだった。警備員のおじさんは、英語ができない。

f:id:hitommy1463:20170411031749j:plain

ガラス張りで近代的な建物だ。だけどツタが這いたい放題で外の庭園と一体化していてドームまでくっついていて、外観としては何だかよくわからない建物だった。私はポーランド語が分からないので、ここの所蔵のほぼすべての書籍を読むことができない。それでも、なんだか泣きたくなるほど気持ちが落ち着いたのはなぜだろう。これだけの本が存在すること、本に囲まれていることへの安心感?多幸感?本屋でも感じる、こういうのをなんていうのだろう。そわそわとした気持ちで、歩きながらBiblioteka Universytecka w Warszawie(=ワルシャワ大学の図書館)という文字を転がして考えていたら、突然「ビブロマニア」という言葉が脳天に直撃した。どういう意味だったかはっきり覚えていなかったけど、なんだかこれはビブロマニアだ!私はビブロマニアに違いない!と確信めいた喜びが湧いてきた。確かビブロは何とか語で本である(ラテン語)。帰って調べてみたら、正確には「ビブリオフィリア」とか「ビブロフィリア」とか言われるらしく、いわゆる愛書家、読書というよりも書籍そのものを愛でる人種のことを言うらしい。どこでこんな言葉を聞いたのか全く分からないけれど、ある時、ある瞬間に、欲していた言葉に直撃されるような形で出くわすことがたまにある。出くわす、あるいは降ってくる、とでも言いたい。私は昨日のことでも、たいていすぐに忘れてしまう。嫌なことは考えないようにしてとっとと忘れようとするし、嬉しいことでもそればかりに構っていられないのでそのうち忘れてしまう。ぼーっと生きているので、日々の記憶がどこに消えてしまったのか知る由もないが、こうして時折、記憶の引き出しから落ちてきてつむじのあたりに直撃したり頬をはたいたりするので、完全に失われているわけでもないらしい。

それにしても、ビブロフィリアなんて言葉を自分が知っていることも知らなかった(忘れていた)し、実際、読書は好きだけど読むこともできない紙束をこんなにありがたく、尊く、愛しくすら思う自分がいるなんて知らなかった。そう思うと、いつどんな刺激で自分の記憶の引き出しから、自分でも忘れ去っていた何某が出てくるのかわからないのは、案外面白い。

 

 

4月4日(火)

昨日ドライヤーのスイッチを入れたら、バチン!という音と、ひとかたまりの空気砲が顔に当たって、そのあとに焦げ臭いにおいがしてきた。ああ、海外対応のドライヤーを国内使用の120V設定のまま使おうとしていた。やってしまったと思いつつ、まだこのドライヤーは生きているかもしれない…!とすがる気持ちで240Vに切り替えてもう一度スイッチを入れたら、もくもくと煙が出てきて焦げ臭いにおいが増した。怒られたような気がして、すぐにスイッチを切った。思えば2009年からの付き合いだったこのドライヤーともお別れのようだ。時差ぼけなのか、ぼーっとしたまま髪を乾かそうとして、重い荷物の中に入れて持ってきたドライヤーはあっけなくご臨終してしまった。失うのは一瞬だな、と思いつつ髪を乾かさずに倒れこむように眠る。新しいのを買わなければならない。そんなわけで、今日はのそのそと起きて、散歩しながら中心部にあるショッピングモールへ行く。

 

遂にワルシャワに来た。遂にといっても、なんだろう、やっぱり、普通、だった。普通の私の地味な生活、だった。もちろん街は美しい。

道があって、トラムやバスが走っていて、つかう通貨がズウォティで、ショッピングモールでアイスクリームを食べている人がいて、地面には鳥の糞とかガムとか吐瀉物とかなんだかよくわからないあらゆるものの跡がある。意外だったのは、ここはたぶん今の東京よりもずっと暖かい。

私の荷物は非常に重い。23㎏のスーツケースを二つと、手荷物で10㎏近く運んできた。現地で必需品をそろえればいい、とは思うけれど私はあんまり「現地」を信用していなくて、絶対に日本で買ったほうが質もよくて値段も安いし(100)、すでに持っているなら持って行ってやろう、といういじましい貧乏根性で、もてる限りぎりぎりの荷物とともに飛んだ。現地で揃える、ということは着いてすぐに売っている店を探して購入しなければならないということで、ただでさえ食料品とか洗剤など生活に必要で重量のあるものを買わなければならないのに、それに加えてこまごましたものを捜し歩くのは面倒くさい。私はビーサンとスリッパを探して彷徨っていた。失敗した。無理にでもスーツケースにねじ込んでくるべきだった。やはりこういう地味なものは、地味にない。やっと見つけたら、とても高い。しゃれたビーサンが1000円ぐらいで売っているが、100円で買えるのに買いたくない、という私の中の貧乏心が頑なに購入を拒む。ようやくいくつかの店を回って、300円で手を打つ。結局スリッパは見つからないまま、疲れて捜索を打ち切り、スーパーで食料品とか洗剤とかを買って帰路に就く。昨日同じ場所からタクシーに乗ったら、運転手に「近いんだから歩け」と言われたので今日は天気もいいしよく寝たので歩く。

 

f:id:hitommy1463:20170404235427j:plain