読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポーランド日記

ワルシャワに来ました。

28歳、「年相応」ということについて考える

 

同年代の友人と話していると、彼らが見事に、年相応になっていくので驚く。

結婚したり子供を産んだりすれば、当然なのかもしれない。あるいは結婚する相手のいないことを嘆いたり、周りからの結婚への圧力に対して焦りを感じたり、そういう話題や、話し方すら、どこかで聞いたことがあると思ったら親戚のおばさん達のような、テレビドラマの女優のような口ぶりで話すので、みんな凄い、本当に28歳を28歳らしくこなしている、としみじみ感心してしまう。

そういう話題は、私にも該当するであろうけど、どうしてもすりガラスの向こう側のことのように思えてしまう。せっかくアラサーというホットな年齢にさしかかったのに、私は虚けのように他のことを考えている。私は一体何に興味があるのだろう。と考えてみたら、自分がくだらなく、つまらないことにしか興味がないので驚く。たぶん10年以上脳内が進歩していない。読んだ本とか、見たアニメとかだらけた生活とか、残念ながらくだらないと言わざるをえない事柄ばかり考えている。もし結婚したら、もし子供を産んだら、私も「どこかでこんな人見たことあるよ!」という話しぶりで、年相応の話ができるようになるだろうか。将来について考えないわけではないけど、うっすらと、しばらくは海外で生活するんだろうな、ぐらいしか思い描いていない。そのうち結婚するかもしれないし、相手によってはどこか外国に住むことになるかもしれないし、日本に戻ることになるかもしれない。そういう可能性は考えたりもするけれど、やはり自分は圏外にいてあまり関係がないな、という感じがしてならない。

 

人はどうやって「おばさん」「おじさん」になるのだろう。もちろん、年を取れば身体や皮膚は老化していく。細胞に艶も張りもなくなっていく。そういう肉体的なことではなくて、性格的に、自分の認識として、どのようにして老化していくのだろう。どのタイミングで「私はおばさんだ」と思えばいいのだろう。「年相応」を繰り返していけば、ちゃんとおばさんになれるのだろうか。

ある人々はきっと、そこに用意されている「年相応」のテンプレに自分を当てはめていくように、メディアや周りによって造られた鋳型にはまるように、自分自身の形や認識を変えていく。あるいはそれを目指していく、ように思う。アラサーになったから結婚について悩み、子どもを産んだからかわいいベビーグッズやママ友について考え、すこしでもいい生活のために資金について考えを巡らせる。

どう考えても自分の精神レベルが中2ぐらいで止まっていてそこから先に進めない。当然のようにわがままで、自分の好きなことしかしたくないし、しない。好きなことをするために、したくないことをしないために、私は努力を惜しまない。一生だらけて生活したい。

 

しかし、ずっと「年相応」という言葉を使ってきたけど、私は「年相応」が何なのかよくわからない。なんとなくイメージはあるけど、それがだれかの言う「年相応」と同じとは限らない。単なる私の幻想なのかもしれない。私はドン・キホーテと同じなのかもしれないな、と思って考えるのを止めた。

 

 

 

出発

もうしばらくすると、出発する。  

私は、よくどこかへ向けて出発する。どこかへ行くのが好きなのだ。何の特技もないけれどフットワークの軽さだけは自信がある。かなり、自信がある。どれぐらいあるかというと、一年以上前に一度だけ会って、仲良くなったタイ人の友だちが結婚式をするからと招待してくれたのでホイホイ予定をあけて出向くほど、軽やかに飛ぶ(もちろん旅費は自己負担)  

少しずつ出発が現実味を帯びていくのが楽しい。

これからますます春になるのも、楽しい。  

しかし、出発前のドキドキとか、浮き立つようなわくわく感は年々薄れてしまったような気がする。初めてデートするときみたいな緊張感とか不安とかをごちゃまぜにしてそれを抱えたまま90度の角度から落下するような高揚感、それがどんどん薄くなっていく。感慨なく実務的に準備が進んでいく。年をとったのかもしれないし、ただ慣れただけかもしれない。どこかへ行ったところで天と地が入れ替わるわけでもなく、淡々と日常が続く。落ち着いてしまえばそれは畢竟、どこにでもある自分の生活なのだ。そういう事を何度か体験して、「出発」することに慣れてしまった。

外国での生活は、面白い。不確かで落ち着かないけれど、退屈しない。予定通りにいかなかったり、心底戸惑ったりすることは日本での生活よりも圧倒的に多い。 海外旅行でも生活でもたいがいトラブルに見舞われてきたけど、今のところ最終的には、ネタとして笑えるからこうしてまた出発できる。本当に笑えないことに遭わないように十分気を付けながら、またそれを切に祈りながら。

なんとなく出て行って、なんとなく順応するので、 日本を離れて外国で生活を始めることに、抵抗や緊張みたいなものは薄いほうだと思う。 

し、一抹の心残りがあるとすれば、 予約購入中のアニメのDVDのコンプを前に出航することで、きっと私は、ネット上で公開されていくジャケットや特典グッズを見ながらヤキモキするのだろう。しかし時期的に、全巻発売(コンプ)を待ってはいられなかったので致し方ない。それと公式ファンブックが出るのも辛い。はやりEMSで送ってもらうべきかもしれない。   

 

出発することについての感慨はとくにないと言ったけど、 ひとつだけどうしてもしんみりしてしまう時がある。  

留学なり仕事なり旅行なり、私の大小様々の「出発」の前は、たいてい両親が車で、大きなスーツケースを積み込んで、成田あるいは羽田空港まで送ってくれる。早朝が多く、途中でどこかでご飯を食べてから、空港へ向かう。

そして出国ゲートで、短い、長い、さようならをする。 ある時は23日だし、ある時は1ヶ月で、これまで長くて1年のさようならだった。 

空港という場所だから別れに対してセンチメンタルな気持ちになっているわけではないけれど、やはり出国ゲートで娘の姿が見えなくなるのを、案じ顔で見送る両親を眺めるのはかなしい。 さびしいというのか申し訳ないというのかよくわからない。 揚々とひとりで飛び出すはずだったのに、いざ一人でゲートをくぐってから、来た道をこれから引き返していく両親を思うと、ひとりがとても心許なく思えてくる。 

もちろんそんなことはすぐに忘れて、私は機内で酒を飲みだす。新天地への到着と新しい生活に思いを馳せるのに余念がなく、空港でのしんみりなんて次の出発まで思い出すことはない。  

 

まあそんなわけで、あと数日で出発します。

 

すごいよ日本旅券

旅行が好きだ。

 家族や数少ない友人とも行くし、一人でも行く。 

 

と思って思い返してみたら、今まで一人で行ったのは、台湾だけだった。 

 

単身で、現地にいる友人に会いに行く、とか 

途中まで単独行動で、のちに合流、なんかが多い。 

友人あらば、私はいろんなところに飛んで行く。物理的に。 

 

今年は、せっかくだから欧州の 

昔行ったところへも、新しいところへも、 

行ける限りいろいろなところへ行きたい。 

 

私の周り(大学時代を除く)には、あまり海外へ行くことに興味がない人が多い。 

パスポートなんて手にしたことない人も少なからずいる。 

あるいは、行きたくても実際に「行く」までに踏み切れない。

日本人は、忙しい。 

 

知らない人も多いかもしれないが、 

日本旅券は世界屈指の最強のパスポートである。 

かなり多くの国にノービザか、 

あるいは形式ばかりの簡単な申請や、お金を払うだけで入国することができる。 

 

これは日本国籍だというだけの理由で、 

かなりの国際的信頼を得ているということだ。 

 

これは他の国の人がビザで苦労するのを見て、知るようになったことだ。

ただの旅行なのに煩雑な公的書類を用意したり、

預金残高を提出したりしなくてもいいし、

出国前に、渡航先の大使館に面接に行かなくてもいい。

それまで何の謝意も感じずに使っていたパスポートだが、

実はこいつ凄いんだ…!

持ってたクレジットカードが

はじめからブラックカードしかも年会費無料!みたいな。 

 

この信頼はもちろん、日本の経済力や、 

これまでの国際協力やら、細かいことまでいけば個人的な交流などから 

先人が積み上げてきてくれたものだ。 

私なんかは何一つ貢献していないのに、それを甘んじて享受しているのは、 

たいした額の税金も納めていない者としては恐縮しかない。 

 

が、ありがたく活用する。 

 

とりあえずアイルランドに行きたい。 

 

私は8年ぐらい前に、アイルランドに滞在していたが、 

帰国して以来一度も訪れていない。 

 

アイルランドの首都ダブリンの語学学校に通っていた。 

 

私は、昔からものすごく方向音痴で、地図もうまく読めない。 

旅行好きとしては致命的であり、

不思議なくらい道に迷う自分に苛立ちさえしたけれど、 

しょうがない。 

そこで私は、暇だったし、街中を歩きまくった。 

ダブリンの中心部は、そんなに広くない。 

地図が要らないくらい、

だいたいの道を把握するぐらい、とにかく歩きまくった。 

けっこう寒い時期で、トイレが日本のようにどこでもあるわけではなく、 

膀胱炎になりかけながら、ひたすら歩いた。 

地図が読めないなら、、、道を覚えるしかない。 

 

かなり原初的な対処策だが、むべ道には迷わなくなった。 

 

 

いまでも頭の中にダブリンの中心街の地図は、けっこう失われずに残っている。 

大きな通りの名前とか、どこにどんな店があるとか、 

細い路地とか、不思議と細かく思い描ける。 

 

それが、どのぐらいちゃんと残っているのか、はたまた 

私の記憶は思い違いなのか、街がどのぐらい様変わりしているのか、 

 

行って確かめてみたい。 

 

f:id:hitommy1463:20170314224246j:plain