読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポーランド日記

ワルシャワに来ました。

ワーホリ準備のタイムスケジュール(雑)

https://p4quaw.bn1304.livefilestore.com/y3mhcHtiOosVlz6sm0OGNeFivEYo-aQPtERjfOaz1s0L3NFGZrXRxSR8Wih3JMLG9FmWKsGb34As-A5yUq5Y3TcAJMn_FP28gYQTTaefZW75wW3L7Crmae72Pf3JLEQdpDeNrKtWMSkwvwJt2pz6_X9pdpj_4NpJrlLJpFEGYmiDMc?width=1969&height=2283&cropmode=none

 

さて、これまでに私がどんな準備をしてきたのか、

まとめてみた。 

記録と、これからワーホリする人の準備の参考になれば。 

 

ワーホリ準備って大変かと思うかもしれない。 

けど、案外そんなことはなく、あっさりビザはとれる。 

 

どれぐらい前に、何を、いつすればいいのか、 

するべきことを挙げて、逆算してひとつひとつこなしていく。 

 

 

9月~ ワーホリに行こうと考え始める。 

  ネットで情報をあさる。 

  悩んだのは主に、どの国か?その先でどのようにお金を得て生計を立てるか

 

12月中旬、渡航先をポーランドに決定  

  生計の手段を、オンラインでの日本語授業にすることにして、

  ネットでの仕事探し  

  

1にしたこと 

  オンラインで仕事探し、応募、Skype面接→仕事をもらう 

  ワーホリ経験者、経験中の人のブログをちょいちょい漁り続ける 

   ⇒持って行くもの調査(パソコンなどのポータブル機器、生活用品など)  

   海外旅行保険をどうするか 

   お金の持って行き方、引き出し方法などのネット調査 

   それにあわせて銀行口座、クレジットカードの準備(楽天カード申し込み)  

  住居についてのリサーチ  

  渡航時期の暫定、4月初旬 

  航空券を探す   

  

2にしたこと  

  オンラインの仕事を少しずつ始める(教材づくり、ネット授業

  Surface Pro4を買う。電気機器などの装備を固めていく。  

  14日 航空券を買う。8万円ぐらい。(東京⇔ワルシャワ

  ビザ必要書類の準備

 (海外保険の証明書取得・誓約文・動機文・滞在計画書、通帳残高のコピーなど )

 家探し  

  (Gumtreeというポーランドの何でも情報サイトのようなページで、 

  Google翻訳機能を使いながら探す

  ⇒でも結局Airbnbというサービスを利用して、とりあえず1か月の宿を確保 

  BnBの予約完了 (226日 1泊当たり1471円×30泊  44000)  

  

2月が終わる。  

  

3 

  1日、書類を揃えてビザ申請(予約してからの)で訪駐日ポーランド大使館。

  6日 大使館の人から、ビザ発給完了のお知らせメールが来る。  

  ⇒10日、受け取り完了  

  

荷物、こまごましたものを収集するように買い集めていく。 

 

あと3週間 。 

  

 

細かいやり方は、

他にとても素晴らしいブログがあるので、そちらを参照願いたい。 

そのうち書いている方の了承が取れたら、リンク貼り付けさせてもらおうかな… 

それくらい、ほとんど人様のブログに載ってる通りにやったら準備が終わった。 

 

 

ワーホリ行きたいけど不安でしょうがなくて、そして面倒くさくて、 

多少お金がかかってもいい人は、 

もちろんエージェントを頼るのがいいと思う。 

あと、地方在住で、 

大使館や領事館に行くために少なくない交通費や宿泊費がかかってしまう人は 

ビザ申請をエージェントに頼るのもひとつ。 

申請時と、1週間ぐらいあけて受け取りで2度、大使館へ行かなければならない。 

エージェントならパスポートを書留などで郵送して、

書類作成、申請、受け取りなどすべて代行してくれるはず。 

 

…というのは、私は8年ぐらい前に一度エージェントを利用して、 

アイルランドのワーホリビザを申請している。 

 

でもビザ取得そのものは、気が抜けるぐらいあっさり終わる。 

大使館に入るときは、なんだか物々しくて 

最後の砦に入り、ラスボス相手の意気込みで書類を出す。

 が、すぐ終わってしまう。(不備がなければ) 

 

あと私に残された準備は、 

役所での転出届と、携帯電話の解約。くらいの、はず。

 

 

https://dbd6rg.bn1304.livefilestore.com/y3mYC3xWEmLIphdyT20cxYD7iIl5PpUOq_NM3mKSLIrOvA7XWYiFrzxJILKYHgKs0S9O9ZDFzLpJk0LAOchpcKbHVEk_PDhNsIzEyNj6nzBKNMg66tAVNjEZmAiV73-mbAfVY1EjhYgnNUoqkXuZWwqDMnjg__LAUYjEiHUTdAa79A?width=1024&height=768&cropmode=none

自己紹介

なにはともあれ、自己紹介を。

 

どこにでもいる日本の日本語教師で、28歳。

この3月まで東京の日本語学校で働いていた。

その前は、2年間ベトナムで日本語を教えていて、

2年前の4月に日本へ帰ってきた。

 

 

私は、大学時代にすこしの間、いわゆる就職活動をしていたけど、なんだか途中で「こりゃ違うな、」と思ってやめてしまった。

会社の中でそれなりに仕事をこなす自分は想像できたけど、氷河期の就活戦線を乗り切る自分は全く想像できなかったのでしょうがない。

おとなしく専門学校の日本語教師養成講座に申し込んで、日本語教師になった。

海外で働くほうが気楽だと思ったのだ。

 

別に社交的な性格でもないし、学生時代の専攻も日本文化、日本文学だったけど、

なんとなく海外に出るのが好きで、能天気なので臆せず出かけては、阿呆で不注意なためにいろいろな失敗をした…にもかかわらず、

懲りずに度々外に出る。もう性癖みたいなものだ。

 

今回、ワーキングホリデービザを取得した理由は、

このビザ、年齢制限があって、私は現在28歳。今年で29歳になる。

国によって異なるけど大体が「30歳の誕生日を迎えるまでの申請」が規定となっている。そのため。

 

なぜポーランドか、というと、日本語学校や日本語学習者が他の欧州諸国より多いようだったから

ちゃんと数や現状を調査したわけではないけど、情報弱者の私がネットで調べた限りによる。

まぁポーランド行ったことないけど。

 

といういい加減なスタンスから始まる。

 

学生時代にチェコとオーストリアに旅行して、東欧の、西欧とはちがう素朴でぼんやりとした雰囲気に惹かれたのもある。

それに物価も安い。

 

「ワーキングホリデービザ」はその名の通り、働いてもいいし(規定あり)、遊んでもいいし、勉強してもいいし、なんなら、何にもしないでそこにいるだけでもいい、なんでもビザ。

英語圏のワーホリ人気国なら、日本人も多く情報も得やすいしアルバイトも見つけやすいらしい

 

私は今回、オンラインで日本語を教える仕事をしながらポーランドに滞在する予定で、

チャンスがあれば、現地の日本語学校、学習者にも教えてみたい。

 

ぼんやりとワーホリへ行こうと考え出したのは去年の9月ぐらい。

オーストラリアかカナダかドイツか、オーストリアか悩んで、けっきょく

ポーランドに決めたのが…去年の12月。え?遅すぎる?笑

 

 

いい加減さに定評のあるわたくしが、

今後もいい加減な記事を落としていきます。

 

以上、自己紹介でした。

はじめに

 

はじめまして。つちこと申します。

 

この4月からワーキングホリデービザで、ポーランドのワルシャワに滞在します。

出発まであと3週間です。

そこでの生活とか行った場所とか、思いついたこととか、

読んだ本とか見た映画・アニメの感想なんかを落としていきます。

まぁ、たんなる雑記・個人的な記録です。

 

ワーホリのハウツーとかお役立ち情報ではありませんが、

(おそらくほとんど、どうでもいい内容ですが)

これからワーホリしたい方、ポーランドに来ようと思っている方への

何かしら有益な情報も、あれば書きたいと思います。

 

語調も「ですます調」「である調」「ため口」と気分で変化していくと思います。

あしからず。

 

 

よろしくお願いします。